メガメニューの作り方

放射線技術科技師長あいさつ

 放射線技術科では、部門目標として『安全で安心な患者様中心のチーム医療への貢献』を掲げて日々研鑽に努めています。       
東日本大震災後の『放射線』に対するイメージは、『危険なもの』と思われがちになっています。放射線・放射能をコントロールし『医療に貢献する放射線』を提唱し管理業務を担っているのが病院に勤務する診療放射線技師であります。
放射線技術部門では、FPD(一般撮影装置)5台、CT(コンピュータ断層装置)5台、MRI(核磁気共鳴装置)2台、RI(ラジオアイソトープ診断装置)1台、PET-CT1台、DSA(デジタル血管撮影装置)4台、X線透視装置6台、放射線治療装置2台、ポータブル撮影装置5台、の放射線装置が稼働しており、放射線機器が常に最高のパフォーマンスで患者様を迎えられるよう、日々機器管理に努めています。
そして、検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師・放射線治療専門放射線技師をはじめとした、認定技師及び資格保有者を多数有しており、各種画像検査と放射線治療業務を行っています。また、救急病院として24時間体制で緊急に関する放射線業務にも対応しています。
現代医療において、画像診断や放射線治療は重要な役割を担っています。常に放射線の安全利用に努め、診療に最良の画像を提供出来るように、スタッフ一同、技術・知識の向上を図りながらの業務を行っています。

                                  診療放射線技師長 佐藤 正幸

放射線技術科重点事項

・コミュニケーション力を身に付け他職種との連帯による患者サービスの向上を図る
・5S活動により安全で清潔な環境づくりに努め、業務の効率化を図る
・高い専門技術を学び、毎日の品質管理を徹底し、的確で有益な業務を遂行する

認定技師及び資格保有者

・放射線治療専門放射線技師
・放射線治療品質管理士
・医学物理士
・X線CT認定技師
・検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
・第一種放射線取扱主任者
・放射線管理士
・放射線機器管理士
・医療情報技師
・医療画像情報専門技師
・I-131アブレーション外来治療
・塩化ストロンチウム89治療安全取扱い
・PET研修セミナー
・放射性同位元素の安全取扱研修会

放射線技術科の検査の流れ

地下の「放射線受付」に、案内票・予約票・検査依頼票をお出しください。
受付後。検査を行う部屋をご案内いたします。

このページのトップに戻る

一般撮影検査

●一般撮影検査とは

X線を使用し撮影します。身体を透過したX線の吸収の差を白黒で表し画像にします。
胸部・腹部撮影室が2室、骨・関節撮影室が3室で検査を行っております。
他にも歯科領域のパノラマ撮影、骨塩定量撮影を行っております。
診療放射線技師により各部位ごとに適切な線量で撮影し、被ばくの低減に努めています。
撮影する場所に湿布やカイロ、金属等がある時は外していただく場合があります。
また、妊娠中や妊娠の可能性のある方は撮影前にお知らせください。

X線TV(透視検査)

●X線TV(透視検査)とは

X線TV装置はX線を用いて、人体の内部を透視することが出来る装置です。
この特性を利用して、色々な検査や治療を行います。

X線TV装置室は6室あり、検査室ごとに様々な検査を行っています。
主な検査として
・上部消化管造影
・下部消化管造影
・気管支ファイバースコープ
・内視鏡的逆行性胆道膵管造影
・経皮的シャント拡張術
・逆行性腎盂造影
などがあります。

装置によっては、断層撮影(トモシンセシス)や長尺撮影(全脊柱撮影、下肢全長撮影)なども行えます。
また、体外衝撃波結石破砕装置も導入しております。体外から衝撃波を当て結石を破砕することが出来ます。

島津sonialvission.gif

このページのトップに戻る

マンモグラフィ(乳房撮影)

●マンモグラフィとは?
 マンモグラフィは、乳房専用の装置で撮影するX線写真のことをいいます。
乳房を、圧迫する透明な板ではさんで撮影します。
通常の検査では、片側の乳房につき上下方向と左右方向から圧迫し撮影します。
(片側で2回,左右両側で4回)

●どうして痛いの??
 見逃しのないよう、乳房内の乳腺すべてを写真にうつすために、乳房を引っぱり出して脇の下の筋肉や乳房下のおなかの部分もはさみます。はさんだ乳房の部分が厚いままだと、写真に必要な放射線の量が増えるばかりか、病気も発見しづらい写真になります。
 放射線量をより少なく、病変をより発見しやすくするためにも、乳房をなるべく薄く平たく圧迫することが不可欠となり、乳房やその周囲に多少の痛みを伴います。
我慢できない時や、わからないことなどは、担当技師に声をかけてください。

●撮れないことはありますか?
 乳房の大小で撮れないことはほとんどありませんが、生理周期や授乳中などで乳腺が発達しているために痛みが強くほとんど圧迫が出来ない場合、医師や本人と相談し中止する場合もあります。
必要に応じて、豊胸手術及び乳房再建手術をされた方、ペースメーカー装着の方でも、細心の注意を払って撮影します。
 上記に該当する方や、その他気になることがありましたら、担当技師にご相談ください。
乳癌.gif

CT

●CT装置とは

X線を人体の回りに1回転照射して、体の輪切りの画像を得る装置です。
また、連続して撮影することで、様々な断面の画像を得ることも出来ます。
さらに、撮影した画像を特殊な装置で処理することにより、立体的な3D画像を作成することも出来ます。
現在では病気の診断目的はもとより、手術の際のシミュレーションに用いるなど、様々な診療の場面で役立っている検査です。

*造影剤とは
CT装置で使用する造影剤は主にヨード造影剤と呼ばれるもので、静脈から注入し、体の隅々まで入り込むことで、病気などをわかりやすくする効果があります。また、血管そのものを描出する際などにも用いられます。

*当院のCT装置
東芝メディカルシステムズ社製 Aquillion PRIME(80列)
東芝メディカルシステムズ社製 Aquillion 64 (64列)
東芝メディカルシステムズ社製 Aquillion 16 (16列)
(カッコ内の列数が多いほど、より精密な画像を短時間で撮影できる高性能な装置となります。
当院では高性能な80列CTを有し、診療に役立てています。)

画像の紹介
画像紹介1.gif

冠動脈.gif

このページのトップに戻る

MRI

●MRIとは

MRIはX線を使用せず、強い磁力を使用し体にたくさん存在する水素から放出される電波を利用して画像にする検査です。
任意の断面と多様な画像が得られます。

●MRI検査の注意事項
検査室には金属類を持ち込めない為、身に着けている物を外して頂く場合があります。
次のようなものを身につけている方はMRI検査を受ける事が出来ない場合がありますので、検査予約時に担当医師にお伝えください。
・体内の電子電機部品(ペースメーカー、植え込み型除細動器、人工内耳など)
・脳動脈瘤クリップ
・目などの決定臓器に位置する鉄片などの強磁性体の破片(鉄片、弾丸など)
・入れ墨(火傷の可能性あり)

ご不明な点は担当医師または診療放射線技師にお訪ねください。

MRI.png

核医学(RI)検査

●核医学(RI)検査とは

核医学検査は、微量の放射線を出す放射性医薬品を体内に投与し、身体の主に機能の状態を画像や数値で表示することが出来ます。
CTやMRIの画像は精度の高い形態的な情報を反映しますが、核医学検査では血流や代謝等の機能変化を画像情報として反映することが出来ます。

・検査適応疾患
骨病変・認知症・脳疾患・心臓疾患・甲状腺疾患等

・治療適応疾患(アイソトープ治療)
甲状腺癌・甲状腺機能亢進症・骨転移疼痛緩和

RI.gif

このページのトップに戻る

PET-CT検査

●PET-CTとは
当院のPET検査は、ブドウ糖に似た放射性の検査薬(FDG)を注射し、その代謝・分布を撮影します。
核医学(RI)検査と似ていますが、検査薬から放出される放射線の種類がRI検査薬とは少し異なり、そのため専用の装置(PET-CT)を用いて検査をします。
身体の細胞はブドウ糖をエネルギーとして消費します。活発に働く脳や心臓にはこの検査薬もよく集まり、また腫瘍などは正常な細胞に比べ多く取り込みます。
この性質を利用して、腫瘍や臓器の状態を診るのがPET検査です。
当院にもPET-CTが設置され、CTと組み合わせることで、病気の場所や形をより精度よく検査することが出来ます。

●検査にあたっての注意

検査前の運動について
運動によって検査薬が筋肉などへ集まり易くなり、検査の妨げになります。
検査前日から、体に負担になる様な激しい運動や作業は控えてください。
自転車や長距離の歩行も控えてください。

飲食について
検査薬を効率よく体内に行き渡らせるため、血糖のコントロールが必要です。
午前の検査の方は、朝食も含め夜12時以降の食事をしないでください。
午後の検査の方は、検査当日朝6時30分以降の食事をしないでください。
水分は飲んでかまいませんが、糖分のあるもの(ジュースなど)は控えてください。
(血糖値150mg/dl以上の場合は放射線科医師と相談の上検査を行なうか判断します。)

服薬について
糖尿病以外のお薬は、服用してもかまいません。
検査当日は、検査終了までインスリン注射を控えてください。
{午後の検査の方は、朝食(6時30分まで)後の注射は可能です。}

検査中の安静について
検査薬の投与から撮影までは、約1時間の安静が必要となります。
鎮静や介助を要する方の検査はご遠慮いただく場合があります。

妊娠中、その可能性のある方
妊娠中または妊娠の可能性がある方は、検査ができませんので主治医とご相談ください。

検査薬について
検査薬は非常に高価で、使用しなくても時間と共に放射線の量が減っていき使用できなくなります。
そのため検査薬は、一人様分ずつ検査時間に合わせて注文されます。
以上のことから、時間には余裕を持ってご来院下さると幸いです。

dis.gif

このページのトップに戻る

血管撮影

●血管撮影とは
 血管撮影は太ももの付け根や腕の血管にカテーテルという細い管をいれて、目的の位置にカテーテルを進めて撮影や治療を行う検査です。
 当院には4台の血管撮影装置があり、放射線科専用装置1台、循環器専用装置2台、脳外科専用装置1台です。

・放射線科専用装置
 肝動脈化学塞栓療法(TACE)や経皮的血管拡張術(PTA)、またCT装置が付随している事により門脈造影下CT(CTAP)、肝動脈造影下CT(CTHA)、肺等の生検等さまざまなインターベンショナルラジオロジー(IVR)を行っています。
装置1.gif


・循環器科専用装置
 冠動脈の診断、経皮的冠動脈形成術(PCI)、下肢PTA、カテーテルアブレーション治療(心筋焼灼術)、また、ペースメーカー植え込み術 (PMI)や植込み型除細動器(ICD)、CRT-P(D)(両室ペーシング機能付き植込み型除細動器)等のデバイス治療を行っています。
装置2.gif

・脳外科専用装置
 脳血管の診断、動脈瘤に対するコイル等の塞栓術、脳梗塞による血栓吸引術を行っています。
 頚部血管では頸動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術(CAS)を行っています。
装置3.gif



放射線治療部門

●高精度な放射線治療装置
 最先端の制御技術を持った治療寝台を使用して0.1㎜単位で位置合わせを行います。これにより治療計画通りの体位が自動的に、かつ簡便に補正が可能です。
また、新開発の加速管を搭載した装置では、従来の照射時間の6分の1程度(当院比)に時間短縮する事ができます。この技術を応用すれば、呼吸により動く肺の腫瘍も患者さんは数秒間の息を止めるだけで正確に治療を行えます。
新規装置(TrueBeam)では放射線が当たる形状をより腫瘍に近似させることができます。
その結果、周辺の正常組織は防護できるメリットがあります。

●強度変調放射線治療(IMRT)
 当院では前立腺腫瘍においては十分な治療実績があり、現在は他部位の腫瘍において臨床応用を行っています。

●脳腫瘍にも効果的なシステムを搭載
 脳定位照射に特異的な放射線治療計画装置と固定システムを組み合わせることにより、腫瘍細胞には集中的に放射線を照射し、かつ正常細胞には線量が低減されるような治療を計画し患者さんの放射線治療を行っています。

●岩手県立中央病院の放射線治療スタッフ
 放射線腫瘍医の指示のもと、医学物理士・放射線治療品質管理士・治療専門認定技師等の専門的な知識を持つスタッフが高精度な放射線治療業務を担当しています。

治療.gif

このページのトップに戻る

診療日 月曜日~金曜日 
     午前 8:30~11:00
※各科の診療スケジュールをご確認のうえ受診してください。

※急患はいつでも受付をいたします。

hp.gif

岩手県盛岡市上田1-4-1

sp.gif

dog.pngdog.png
kenkou.pngkenkou.png
himawari.pnghimawari.png

cafe.pngcafe.png
fureai.pngfureai.png