がん化学療法科

 がん化学療法科長
 加藤 誠之

    

    

    

   

   

スタッフの紹介

氏名
加藤 誠之(かとう さとし)
役職名
がん化学療法科長
出身大学(教室)・卒業年
東北大学(加齢医学研究所、癌化学療法研究分野(東北大学病院、腫瘍内科))・平成3年
所属学会・資格等
日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法専門医・指導医・協議員)、日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医・指導医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医・暫定教育医)、日本消化器病学会(消化器病専門医・指導医)、日本消化器内視鏡学会(消化器内視鏡専門医)、米国癌学会(正会員)

診療内容

当科は2006年4月に開設されました。今年で13年目にあたります。当科が開設されてから、症例数の増加に伴って、外来化学療法室が手狭になり、2006年当時の8床から、12床、18床と徐々に増床し、2010年には、30床の外来化学療法室が新設されるに到っています。

現在の施設は、パーテーションで仕切られた、庭に面した明るい化学療法室となっています。がん化学療法科は、新外来棟にあって、外来化学療法室に面しており、毎日、外来化学療法を行っています。

開設以来、2000名以上の新患紹介をいただき、主に消化器癌の化学療法の分野を担当しています。その一方で、原発不明癌や肉腫などの稀少がんの化学療法も担当しています。化学療法件数が増加しただけでなく、治療成績は世界水準となっているものと思います。開設当初は、がん化学療法に特化した看護師、薬剤師の専門職も揃っておりませんでしたが、現在では、がん化学療法認定看護師、がん看護専門看護師、がん専門薬剤師、がん化学療法認定薬剤師といった専門性の高いスタッフにも支えられて、質の高い医療が提供できるようになってきました。分子標的薬の重要性が増しており、それに伴って副作用対策なども多職種で対応しているところです。

新渡戸稲造記念、がん哲学外来、メディカル・カフェを行い、がんの再発、治療変更などの際での精神面からのサポートに力を入れております。メディカル・カフェは、お茶を飲みながらの和気藹々とした雰囲気ですが、そういった中で、患者さん同士がお互いの心情を理解しあったり、励ましあう姿が印象的です。2012年に勇美記念財団からの研究助成を受け、がん哲学外来の成立要件に関する研究を行いました。その成果は、「がん哲学外来メディカル・カフェの手引き」という形で国内で広く活用されています。

さらに、最近では、がん哲学外来を敷行した形で、医療意思決定論にも取り組んでいます。適切な薬物療法の施行は、治療選択し不可分であり、治療選択のためには、医学データだけでない個々の人の意志決定の問題が避けて通れません。世界的に見ても、手付かずの分野ですが、2017年にファイザーヘルスリサーチ振興財団からの研究助成を受け、「医療分野での意思決定」という課題で、国内多施設共同研究を進めてまいります。

スタッフと患者さん、ご家族とのコミュニケーション・ツールとして、毎月、ニュースレター「ほほえみ」を発行しており、新薬の承認情報や、化学療法中の日常生活上の注意、スタッフの紹介などを行っております。バックナンバーは、このホームページから見ることができます。お時間のある際にでも、ご覧になっていただければ幸いです。

 

当科の外来診療

充分な時間を割き、正確な診療情報の提供とインフォームドコンセントを徹底します。説明内容は書面で患者さんへお渡ししています。当科専門領域のセカンドオピニオンの要望にも対応します。

胃癌
ティーエスワン+シスプラチン療法、カペシタビン+シスプラチン+トラスツズマブ療法などを一次治療とし、ラムシルマブ+バクリタキセル療法による二次治療や、ニボルマブ、イリノテカンを用いた3次治療以降の実施も数多く施行しています。
大腸癌
オキサリプラチン、イリノテカンベースの化学療法に、血管新生阻害剤や抗EGFR抗体薬を併用した、標準治療を国内トップクラスの経験症例数で施行しています。化学療法の強度設定、切り替えのタイミングなど、単にその治療が診療ガイドラインに書いてあれば良いという考え方ではなく、一段上を目指しながら診療に当たっています。サルベージ療法も、レゴラフェニブ療法、ロンサーフ療法など多数経験しております。肝動注療法も、適応となる方には取り組んでいます。
食道癌
シスプラチン+5FU併用放射線化学療法、シスプラチン(ネダプラチン)+5FU療法など、標準治療を多数施行しています。放射線治療科とも連携しながら、放射線化学療法の多くの期間を外来通院で行うことも増えております。消化器センターと毎週カンファレンスを重ね、食道癌の術前化学療法を行っており、当科の重要な役割となっております。
膵臓癌
膵癌の化学療法は、ゲムシタビン+ナブバクリキタセル療法や、mFOLFIRINOX療法が標準療法となり、効果の増強と共に副作用の管理が重要となっています。全身状態や年齢なども考慮し、その方にあった治療をご提案できるよう心がけております。
胆道癌
胆道癌ではゲムシタビン+シスプラチン療法が標準治療です。胆道癌の化学療法は、副作用管理もさることながら、胆道感染を来たしやすい病態が背景にあるため、胆道ステントなどの胆道ドレナージを併用しながら、治療に当たっています。
胚細胞腫瘍、軟部肉腫などの稀少がん
胚細胞腫瘍に関しては、BEP療法もしくはEP療法を選択しています。軟部肉腫に関しては、組織型を参考にしながら、Ewing系の肉腫に関しては多剤併用化学療法、通常はアドリアマイシン+イフォマイド療法、アドリアマイシン単独療法を一次治療とし、近年、使用可能となった、トラベクテジン、エリブリン、バゾバニブなどの新薬の使用も行っております。
原発不明癌
病理組織の免疫染色結果に応じて治療を行っています。化学療法感受性が示唆される方には、それに応じて治療し、そうでない場合には、カルボプラチン+バクリタキセル療法などを行っています。
神経内分泌癌
神経内分泌癌は、その病態が明らかになるにつれ治療法が変遷している領域です。主に、病理組織型や、核分裂像を指標に悪性度の評価が行われますが、低分化の場合のプラチナ系併用の化学療法、高分化なタイプのソマトスタチンアナログの療法やアフィニトール療法など、全体として経験症例も多くあります。

 

がん化学療法科 ニュースレター(ほほえみ)

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ