救急医療科について

救急医療科について

スタッフの紹介

 救急医療部長  須原 誠(総合診療科)
 救急医療部次長  三上 仁(小児科)
 救急医療部次長  高橋 徹(循環器科長)
 救急医療科長  齋藤 雅彦(総合診療科)
 救急医療科医長  小野田 五月(整形外科)
救急医療部次長  手島 仁(消化器外科)
救急医療科長  伏谷 淳(消化器内科)
救急医療科医長  坂本 和太(総合診療科)

診療内容・専門分野

総務省消防庁による統計では、救急出動件数、搬送人員数は年々増加しています。盛岡医療圏(盛岡地区広域消防組合管内)でも同様の傾向が見られます。また、急速な少子高齢化により救急医療は多様なニーズに対応しなければならない状況です。
当科では軽傷から重症まですべての救急初期診療に対応すべく、各専門診療科と連携し救急医療体制を整備してきました。

救急患者受け入れのため、一般、脳神経系、循環器系の3専用回線(PHS)を24時間確保しており、さらに小児輪番日には小児科専用回線(PHS)が使用されます。
若手医師(研修医)育成のために救急科専門医指定施設の認定を受けており、新専門医制度においても基幹施設として対応が可能なように準備をすすめております。

地域の医療機関、救急隊の皆様と密接な連携を保ちながら安心・信頼の救急医療をこれからも継続していきたいと考えています。今後ともご協力のほどお願い申しあげます。

理念

私たちは、県民の生命を守るため24時間救急医療の灯を絶やすことなく安心、信頼される最善の救急医療を目指してゆきます。

基本方針

  1. 患者・救急車は決して断らない。
  2. 一次から三次までの幅広い総合救急の提供。
  3. 高度先進医療を救急の場に生かす。
  4. 全科参加型の医療体制の確立。
  5. 自己研鑽と研修医の育成
  6. 地域医療機関との連携及び知識・情報共有化の推進。
  7. 災害時にも対応できる救急体制の確立。

 

救急患者数、救急車搬送数

 

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ