総合診療科

  

理事
     菅原 隆

  

総合診療科長
 大和田 雅彦

  

救急医療部長
 須原 誠

     

救急医療科長
 齋藤 雅彦

  

救急医療科兼科
 坂本 和太

 

.
  橋本 洋

 

.
  赤沼 英

 

 
  

    

 
  

スタッフの紹介

氏名 菅原 隆(すがわら たかし)
役職名 理事、沼宮内診療センター長
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学(東北大学第2内科)・昭和55年
所属学会・資格等 日本糖尿病学会(糖尿病専門医・研修指導医)、日本内分泌学会(内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医)、日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医・指導医)、日本人間ドック学会(人間ドック認定医)、日本医師会認定産業医
氏名 須原 誠(すはら まこと)
役職名 救急医療部長
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学・昭和60年
所属学会・資格等 日本救急医学会(救急科専門医)、日本外科学会(外科専門医)、日本消化器内視鏡学会(消化器内視鏡専門医)、日本消化器外科学会(認定医)、日本胸部外科学会(終身認定医)、日本乳癌学会(乳腺認定医)、日本病院総合診療医学会(認定総合診療医)、日本人間ドック学会(人間ドック認定医)
氏名 大和田 雅彦(おおわだ まさひこ)
役職名 総合診療科長、健康管理科長
出身大学(教室)・卒業年 秋田大学(岩手医科大学第2内科)・平成6年
所属学会・資格等 日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医・指導医)、日本人間ドック学会(人間ドック認定医)、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本腎臓学会
氏名 齋藤 雅彦(さいとう まさひこ)
役職名 救急医療科長
出身大学(教室)・卒業年 弘前大学(岩手医科大学第2内科)・平成6年
所属学会・資格等 日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医・指導医)、日本循環器学会(循環器専門医)、日本心臓リハビリテーション学会(評議員・認定医)、日本救急医学会
氏名 坂本 和太(さかもと かずたか)
出身大学(教室)・卒業年 秋田大学・平成15年
所属学会・資格等 日本内科学会(認定内科医)、日本循環器学会、日本救急医学会、日本プライマリ・ケア連合学会(プライマリ・ケア認定医・指導医・東北ブロック代議員)
氏名 橋本 洋(はしもと よう)
出身大学(教室)・卒業年 金沢医科大学・平成22年
所属学会・資格等 日本内科学会(認定内科医)、日本高血圧学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会
氏名 赤沼 英(あかぬま はな)
出身大学(教室)・卒業年 秋田大学・平成27年
所属学会・資格等
日本内科学会

診療内容・専門分野

総合内科は高血圧・糖尿病・内分泌疾患での専門治療に加えて、内科全般での診療(総合診療)も担当しておりましたが、2012年より総合医を養成するという重要な使命を受け、総合診療科と名称が変更となりました。当科は専門医資格を兼ね備えた"両刀使い"の総合医を養成しています。

(1)

救急:2000年に当院は急性期高機能センター病院をめざし、救急医療の充実を図っています。当科もその方針を受けて臓器別診療では対応できない発熱疾患等も引き受けています。
当科の入院患者数は病態別で第1位は糖尿病ですが、発熱疾患が続いています。入院患者さんの50%は救急からの入院です。発熱を訴える患者さんは感染症、膠原病や悪性腫瘍などの多岐にわたる原因が考えられ、内科原版の診断・治療に精通した内科医が正確な診断をする必要があります。2002年、そのような患者さんのために総合内科が設立されました。総合診療医として内科全般での診断能力の向上に全スタッフが研鑽し、各専門医との連携を密にして患者さんが最良の医療が受けられるように努力しています。

(2)

慢性疾患:糖尿病、高血圧、肥満、脂質異常症などの生活習慣病の診療にも積極的に取り組んでいます。周知の如く、岩手県は食塩摂取過多の人が多く脳卒中による死亡率は全国ワースト1となっており、その指導が重要な課題です。今まで日常診療で食塩摂取量を評価する方法がなかったため、減塩指導が十分できないのが現状でした。当科では高血圧患者のスポット尿から食塩摂取量を推定できる方法を確立させました。(総説として Clin Exp hypertens 37:89-96,2015、日臨内科医会誌 29:711-717、2015)。この方法は日常診療でも使用できます。今後の岩手県での心血管病予防に役立てるべく普及活動をしています。また、生活習慣病の改善は、脳卒中、心筋梗塞、腎不全などの重篤な合併症の発症を未然に防ぐことが明らかになっています。しかしながら生活習慣改善の"実践"となるとむずかしいのが現実です。総合診療科では生活習慣病改善入院を実施して、退院後の生活習慣の改善を実践しやすいような工夫を行っています。また、生活習慣病については、病診連携の充実が重要と思われます。かかりつけ医の先生方とうまく連携をとりながら患者さんにも納得していただけるような病診連携のシステムを作っていきたいと考えています。かかりつけ医の先生方にも総合診療科を貴院の入院機能部門としてお気軽にご利用いただければ幸いです。

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ